北海道毛ガニ物語

北海道旭川出身の管理人が、美味しい毛ガニやタラバガニのことを綴っています。

毛蟹物語|このごろ、カニが大好物の人たちの中でなんと「花咲ガニ」…

このごろ、カニが大好物の人たちの中でなんと「花咲ガニ」が関心をもたれています。なんと、8割前後の花咲ガニの原産地の遠い北海道の根室まで、鮮度の高い花咲ガニをとことん食べちゃおうとうツアーもちらほら見かけます。

 


冬はと言えばカニが定番となっているシーズンとなっているわけですが、山陰沿岸で収穫される松葉ガニに勝るとも劣らないのが、瀬戸内の質の良いワタリガニです。正式な名前はガザミと呼ばれ、現実には瀬戸内で名の通ったカニと語られています。
原産地まで出かけて食べたいとなると、電車賃なども馬鹿にできません。良質のズワイガニをおうちで気軽に食べたいというのなら、通信販売でズワイガニを購入する方法しかありません。
カニ全体では幾分小さいタイプで、身の詰まり具合もちょっぴり少ないのが毛ガニの特徴ですが、身はうま味を感じるしゃんとした味で、カニみそも豊潤で「蟹通」が好んでいると考えられています。
近年は好きな人も増え、通信販売のお店で値下げしたタラバガニをそれなりに多くのところですぐに見つかるので、家にいながらほっぺたが落ちるようなタラバガニを召し上がるなんてこともできるのでいいですね。

とびきりうまい身をほおばる嬉しさは、これこそ『横綱級のタラバガニ』ならでこそ。お店に足を運ばなくても、簡単に通信販売で購入するやり方も使えます。
プリプリした身が嬉しいタラバガニだと言えるが、味はちょっぴり淡白である事から、現状のまま湯がいて食べようとするよりも、カニ鍋に調理して堪能する方が旨いと伝えられています。
北海道で有名なズワイガニは、雄と雌で体積が異なっていて、雌は大抵一般では卵をいだいているので、漁獲される各エリアでは、雄と雌を別々の商品として売っていると推定されます。
元気なワタリガニを湯がく場合に、調理せずに熱湯に加えると、自主的に脚を切り裂きバラついてしまう事から、水から煮るか、脚を結んでから湯がく方がおすすめです。
花咲ガニの特徴は、体中にハードなシャープなトゲがたくさんあり、太めの脚は短め。しかし、寒い太平洋で力強く生きてきた弾けるような食感のカニ肉は、たっぷりの旨味がジューシーに広がります。

漁業が盛んな瀬戸内海で立派なカニとくれば、塩ゆでが美味しいワタリガニのことで、足の先がひれ状となっている上に、海を横断することからこの名前となっています。甲羅幅が13センチより大きい物でなければ収穫する事が厳禁となっています。
手をかけずに食べていただいてもうまい花咲ガニは、それ以外に、ぶつぶつと切って味噌汁でいただくのもいけます。本家本元の北海道では、カニの味噌汁を言うときは「鉄砲汁」といいます。
カニの王者タラバガニと並ぶ食べ応え・満足感、更にタラバガニとは違うねっとり濃厚な風味が欲しい方に一番試してもらいたいのが、北海道・根室で水揚される新鮮な花咲ガニなんです。
あなた方もちょこちょこ「本タラバ」と呼称される名前を聞く事があると思われるが、身が大ぶりの「本タラバ」は「本当のタラバガニ」という理由をもとに「本タラバ」と言っているのは有名な話です。
通販の毛ガニって、日本人なので体験してみたいものです。新しい年におうちでゆっくり楽しむ、あるいは凍るような日においしいカニ鍋を囲んで和気藹々するのはこの国独自のものでしょう。