北海道毛ガニ物語

北海道旭川出身の管理人が、美味しい毛ガニやタラバガニのことを綴っています。

毛蟹物語|貴女方はちょこちょこ「本タラバ」と名付けられた名前を通…

女方はちょこちょこ「本タラバ」と名付けられた名前を通販雑誌などで見ることがあるでしょうが、赤い身体が特徴の「本タラバ」は「本当のタラバガニ」という事を表す様に「本タラバ」と名付けられているのだ。

 


旨みたっぷりの松葉ガニも特徴ある水ガニも、二種ともにズワイガニのオスと決められています。でも、同じ甲羅の質量でも松葉ガニの料金は高く設定されているのに、水ガニは意外と安値です。
卵を保有している雌のワタリガニの方が、変わり映えのない雄よりも極上な品となっています。若干、食べにくい胸の身やミソの部分においては、雄と雌に特に違いはないのだが、卵は見事でコクのある味です。
日本海産は贅沢品」、「日本海産はコクがある」という思い入れを描いてしまいますが、ツアーが行われるカナダの沿岸部、冬に凍結してしまうオホーツク海、波がとても荒いベーリング海も、ズワイガニの立場からは「棲息しやすい領域」なのでしょうね。
花咲ガニが格別であるのは、水揚される花咲半島で非常に多く繁殖している海草、昆布と関わりがあります。昆布を栄養に育った花咲ガニというカニは、その美味しさをしっかりとその身に備えているわけです。

味わうためのズワイガニは、雄と雌でサイズが違って、雌の多くは終始卵をいだいているので、漁がなされる各地域では、雄と雌を全く違った商品として並べていると思われます。
端的にいえばお買い得価格で鮮度の良いズワイガニが入手できるという部分が、通販で扱っている訳ありでお値打ちのズワイガニにおいては、最大のポイントということになります。
北海道・根室の名産花咲ガニについてですが、北海道の東側で育つ全国的にも好きな人が多い人気のある蟹です。その味わいはこくがあり濃厚で水から揚がってすぐ浜茹でにされた弾力のある身は特筆すべきです。
自宅から大好きなズワイガニをお取り寄せできるってすごくいいですよね。ネットの通販ショップなら、市価よりお買い得価格で手元に届くことが多いものです。
カニはスーパーではなくインターネットなどの通販のほうが、手軽でしかも鮮度や味のいいものが低価格というのが実際のところです。手頃な値段で美味しい通販ならではのズワイガニを超お買い得価格で届けてもらって、冬の味覚を心ゆくまでいただきましょう。

配達してもらって手早く召し上がれる下ごしらえがされた品物もあるといったことが、タラバガニが欲しいとき通信販売でお取寄せする優れたところとしておすすめできます。
大柄な身が素晴らしいタラバガニでも、味は若干淡白ですので、形状を変化させずに火を通し味わう事より、カニ鍋の一品として召し上がる方がよろしいとの意見が多いです。
従前までは漁獲高も相当なもので、場所にもよりますがカニと呼んだら美味なワタリガニと思いつくくらい普通の食べ物でしたが、現代では漁業量が落ち込んできているため、今までと比較すると、見つけ出すことも無くなってきたのではないでしょうか。
やはり毛ガニの蟹味噌は、濃い目の味の最高の一品と言っても過言ではありません。甲羅を火に掛け、そこに日本酒をふりかけてカニの風味を撒き散らして、毛ガニの味噌を身につけてから口に入れるのも乙なものと言えます。
毛ガニの水揚地といえばなんといっても北海道。水揚後直送の活きのいい毛ガニを、通信販売で買ってほおばるのが、この寒い季節にははずせない楽しみ、そういう人も多いことでありましょう。