北海道毛ガニ物語

北海道旭川出身の管理人が、美味しい毛ガニやタラバガニのことを綴っています。

毛蟹物語|このごろ、カニが大好物の人たちの中でなんと「花咲ガニ」…

このごろ、カニが大好物の人たちの中でなんと「花咲ガニ」が関心をもたれています。なんと、8割前後の花咲ガニの原産地の遠い北海道の根室まで、鮮度の高い花咲ガニをとことん食べちゃおうとうツアーもちらほら見かけます。

続きを読む

毛蟹物語|強いて言うなら殻は柔軟で、取扱いが簡単なのもありがたい…

強いて言うなら殻は柔軟で、取扱いが簡単なのもありがたいところ。旬のワタリガニを見た時には、絶対に茹でるか蒸すかして食べてみるのはどうですか?

続きを読む

毛蟹物語|美味しいズワイガニは、雄と雌で体積が異なっていて、雌は…

美味しいズワイガニは、雄と雌で体積が異なっていて、雌は9割がた日頃から卵を抱えている状況であるため、水揚げが盛んな有名漁港では、雄と雌を別の商品として売っていると推定されます。

続きを読む

毛蟹物語|湯がかれたものを味わうケースでは、あなたが煮立てるより…

湯がかれたものを味わうケースでは、あなたが煮立てるより、茹で上がったものを業者の人が、早急に冷凍にした方が、天然のタラバガニの絶品さを楽しめるでしょう。

続きを読む

毛蟹物語|冬の楽しみタラバガニの最大水揚量が北海道となります。そ…

冬の楽しみタラバガニの最大水揚量が北海道となります。そんなわけからぎっしりと身の詰まったタラバガニは、北海道の産地からすぐ配達の通信販売限定でお取寄せするようにしましょう。

続きを読む

毛蟹物語|貴女方はちょこちょこ「本タラバ」と名付けられた名前を通…

女方はちょこちょこ「本タラバ」と名付けられた名前を通販雑誌などで見ることがあるでしょうが、赤い身体が特徴の「本タラバ」は「本当のタラバガニ」という事を表す様に「本タラバ」と名付けられているのだ。

続きを読む

毛蟹物語|息のあるワタリガニを茹でようと思う時に、調理せずに熱湯…

息のあるワタリガニを茹でようと思う時に、調理せずに熱湯に投げ入れると、自分自身で脚を切断し分離してしまうため、熱くなる前から入れ込んでおくか、脚を結んでから湯がくというやり方が適切である。

続きを読む

毛蟹物語|雌のワタリガニについては、冬期~春期の季節には生殖腺機…

雌のワタリガニについては、冬期~春期の季節には生殖腺機能が充実して、おなかにたまごを抱えるわけです。食感が楽しいたまごも頂ける豊潤なメスは、本当に旨いです。
北海道は根室が代表的な花咲ガニとは、北海道の東側で育つなんと全国でも評判の良い蟹です。味は濃厚でコクがあり、浜ですぐにボイルされた噛み応えのある肉は逸品です。

続きを読む

毛蟹物語|近年は超人気で、通信販売ショップで値下げしたタラバガニ…

近年は超人気で、通信販売ショップで値下げしたタラバガニをあちらこちらの店舗で買えるので、ご家族と楽しくあのタラバガニお取寄せすることもできるのです。

続きを読む

毛蟹物語|素敵な北海道の毛ガニのコクのある甘さ、芳醇な蟹味噌の味…

素敵な北海道の毛ガニのコクのある甘さ、芳醇な蟹味噌の味と、柔らかな舌触りを堪能した後の最終は、味わい抜群の甲羅酒をお忘れなく。。毛ガニはやはり一番です。
人気の高い毛ガニは、自然が豊かな北海道ではよく知られているカニとなっています。胴体にたくさん詰まっている身や甲羅部分に入っているカニみそを、何が何でも満腹になるまで頂いてみてほしいです。

続きを読む

毛蟹物語|多くの人達が食べているズワイガニは、雄と雌で寸法が違っ…

多くの人達が食べているズワイガニは、雄と雌で寸法が違っており、雌はおおかたしょっちゅう卵を擁して状況のため、捕獲される場所では、雄と雌を全く違う品物として陳列しているわけです。

続きを読む

毛蟹物語|ボイルした後のものを頂く際には、我々がボイルを行うより…

ボイルした後のものを頂く際には、我々がボイルを行うより、ボイルしたものを店舗側の人が、急激に冷凍処理した冷凍品の方が、天然のタラバガニの絶品さを感じる事が出来るでしょう。

続きを読む

毛蟹物語|この花咲ガニはズワイガニなどと比べても総数が少数なので…

この花咲ガニはズワイガニなどと比べても総数が少数なので、獲れる時期が7月、8月、9月のみで、従って、味の最高潮は9月~10月の間で非常に短いです。
家族で楽しむ鍋にはカニがいっぱい。幸福感もいっぱいですよね。おいしいズワイガニを水揚の現地よりびっくりするほど安く直接配達してくれる通販について、お役立ち情報をお伝えしていきます。

続きを読む

毛蟹物語|かにの情報は、タイプと詳細に関することを伝えるそんな通…

かにの情報は、タイプと詳細に関することを伝えるそんな通販もありますから、大好きなタラバガニについてちょっと物知りになれるよう、提供されたデータにも目を通すこともいいかもしれません。

続きを読む

毛蟹物語|息をしているワタリガニを茹でる時に、調理せずに熱湯に加…

息をしているワタリガニを茹でる時に、調理せずに熱湯に加えてしまうと、自ら脚を切り捨て自らを傷つけてしまう為、水温の低い状態から湯がくか、脚をくくりつけて茹でるようにした方がよろしいのです。

続きを読む