北海道毛ガニ物語

北海道旭川出身の管理人が、美味しい毛ガニやタラバガニのことを綴っています。

毛蟹物語|ボイルした後のものを頂く際には、我々がボイルを行うより…

ボイルした後のものを頂く際には、我々がボイルを行うより、ボイルしたものを店舗側の人が、急激に冷凍処理した冷凍品の方が、天然のタラバガニの絶品さを感じる事が出来るでしょう。

続きを読む

毛蟹物語|この花咲ガニはズワイガニなどと比べても総数が少数なので…

この花咲ガニはズワイガニなどと比べても総数が少数なので、獲れる時期が7月、8月、9月のみで、従って、味の最高潮は9月~10月の間で非常に短いです。
家族で楽しむ鍋にはカニがいっぱい。幸福感もいっぱいですよね。おいしいズワイガニを水揚の現地よりびっくりするほど安く直接配達してくれる通販について、お役立ち情報をお伝えしていきます。

続きを読む

毛蟹物語|かにの情報は、タイプと詳細に関することを伝えるそんな通…

かにの情報は、タイプと詳細に関することを伝えるそんな通販もありますから、大好きなタラバガニについてちょっと物知りになれるよう、提供されたデータにも目を通すこともいいかもしれません。

続きを読む

毛蟹物語|息をしているワタリガニを茹でる時に、調理せずに熱湯に加…

息をしているワタリガニを茹でる時に、調理せずに熱湯に加えてしまうと、自ら脚を切り捨て自らを傷つけてしまう為、水温の低い状態から湯がくか、脚をくくりつけて茹でるようにした方がよろしいのです。

続きを読む

毛蟹物語|ボイルされたものを食べる時は、あなた自身でボイルするよ…

ボイルされたものを食べる時は、あなた自身でボイルするより、ボイルされたものを店舗側の人が、早急に冷凍にした売り物の方が、あるがままのタラバガニの最高のうまさを感じる事が出来るでしょう。

続きを読む

毛蟹物語|冬の贅沢、たまにはズワイガニ三昧獲れたてのズワイガニも…

冬の贅沢、たまにはズワイガニ三昧獲れたてのズワイガニもよいのでは?食事に行ったり旅館へ行ったと思えば、割安のかなり低めの料金で安心ですよ。
肉厚のタラバガニの水揚量の大部分があの北海道です。であるから、旨味満点のタラバガニは、産地・北海道から直送をやっている通販からお取寄せするようにしたほうが絶対いいのです。

続きを読む

毛蟹物語|昆布をメインに育った花咲ガニは、だしが素晴らしいので、…

昆布をメインに育った花咲ガニは、だしが素晴らしいので、例えば鍋物にも最高です。捕獲量は非常に少ないので、どうしても北海道以外の市場では例外はありますが、ほぼ見つけることができません。

続きを読む

毛蟹物語|たくさんの人達が時に「本タラバ」という名前が耳に入るこ…

たくさんの人達が時に「本タラバ」という名前が耳に入ることがあると思うが、美味しい「本タラバ」は「本物のタラバガニ」という理由から「本タラバ」と言っているのだ。

続きを読む

毛蟹物語|おいしいズワイガニは11年経つと、やっとのことで漁が許…

おいしいズワイガニは11年経つと、やっとのことで漁が許される重さに成長するというわけです。そのような事で漁業できる総量が激減となり、資源保護の観点から、海域の1つ1つに別種の漁業制限があるそうです。

続きを読む

毛蟹物語|絶品のタラバガニを口にしたいと思う場合には、店舗選びが…

絶品のタラバガニを口にしたいと思う場合には、店舗選びが肝要になります。カニを茹でる順序は難解なため、かに専門店のベテランの職人さんが、茹でた後のカニを食べてみたいと思う事でしょう。

続きを読む

毛蟹物語|大きなワタリガニを食べる場合は「ボイルのみ」が最も良い…

大きなワタリガニを食べる場合は「ボイルのみ」が最も良い方法でしょう。ちょっとだけ食べる時はしんどいと思いますが、美味な味噌や身は、その他の上質な蟹に負けることがない奥深い味を秘めているのです。

続きを読む

毛蟹物語|一口でも口にすれば誠に独特の味のワタリガニの時節は、水…

一口でも口にすれば誠に独特の味のワタリガニの時節は、水温が低くなる12月~5月までだと聞いています。この時のメスは殊に乙な味となるので、お届け物として扱われます。

続きを読む

毛蟹物語|風味豊かなかにめしの生まれた土地として名高い長万部(北…

風味豊かなかにめしの生まれた土地として名高い長万部(北海道)産のものは、北海道・毛ガニの頂点なのです。毛ガニの通販で新鮮な味を心ゆくまで楽しんでください。
漁ができる時期が設定されているので、ズワイガニの旬と言えるタイミングは、主に冬で、シーズン的にもお歳暮などのギフトにしたり、おせちの種で好まれていると考えられます。

続きを読む